肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは2話ネタバレ感想

    
     

肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは2話「こんなに強くオスから求められたのはじめてかもしれない」若いペ○スに貪り尽くされてのネタバレ感想!

タツヤに頼まれて断れずに股を開いた肝っ玉母さん。

BookLiveコミック【肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは】※スマホ専用

アソコを自ら広げて「早く入れて済ましちゃいなさい」と早く終わらせたい肝っ玉母さん。

タツヤは、肝っ玉母さんのアソコをまじまじと見つめながら、ペニスを勃起させている。

そして、ギンギンになったペニスを肝っ玉母さんのアソコに挿入。

気持ち良すぎてすぐにイキそうになるタツヤ。

数十分後、若くて元気なタツヤはまだまだ挿入中。

もう無理と早く止めて欲しい肝っ玉母さん。

「タツヤは俺の彼女になってよ」と言い、腰を振りまくる。

家族がいるから断る肝っ玉母さんだったが、タツヤの思いは変わらない。

肝っ玉母さんは、今晩だけ彼女になってあげるとタツヤをなだめる。

その後、あまりにもセックスをし過ぎた肝っ玉母さんはギックリ腰になってしまう。

そんな時、タツヤがお店にやってきて肝っ玉母さんのお尻をさわったり、おっぱいを触りだす。

3話に続く

タツヤの性欲が爆発しましたね。その性欲を受け入れる肝っ玉母さんもエロ過ぎ!大きなお尻やおっぱいの描写が興奮しますね。

PAGE TOP